spacer.giftop2009.jpg
***WELCOME***

2009年10月17日

グッドマン アキシオム80その後

オーディオを弄らなくなって久しい今日この頃。前回オーディオネタを書いたのは1年半以上前になります。にもかかわらず未だに、ls3/5aやアキシオム80で検索して訪問される方が絶えないことに驚きます。たまにコメントなどいただいてビックリです。ls3/5aは最近正式にスターリング製が輸入されたようで、その影響もあるのでしょうか。アキシオムは市場にも殆ど出てこない筈なのに、その感心の高さは何なんでしょう。性能が上がっても、最近はどれも似たようなスピーカーばかりだからでしょうか。

axiom80が来てから、家にあった様々なアンプで鳴らしてみました。ソリッドステート、デジタル、真空管シングルetc.
アンプに厳しいSPであることが実感できました。デジタルアンプは中高域のニュアンスが無くて駄目。ソリッドステートは何機種か試しましたが、音がキツイ。

シングルはすばらしいマッチングをみせてくれて大満足。なんですが、どうしても上が見えてしまって、ビンテージWE300Bにしたらどうかとか、4300Bはいいだろうとか、心安らかでなく、なんか無意識にグレードアップを妄想してしまう。このスピーカーでオーディオは止めと決心しているので、真空管アンプは煩悩が抜けなくて困ったなと思っていました。

そこに昨年の阪大関連の展示会で偶然出会ったガレージメーカーのアンプが
エルサウンドさんの製品でした。真空管を超えたアンプということで半信半疑ながら、興味本位で会社訪問し聴かせていただきました。確かにこれまでの石アンプとは違う音と感じ、3万円〜くらいで!!買えるものだったので、入手してアキシオムに繋いでみたのです。

これで私の所謂趣味のオーディオは終わったなと思いました。これからは真空管交換に悩むことはない。せいぜいスピーカーに敷くインシュを吟味するくらい。故障しているもの以外は売り払いました。たかだか数万円のアンプで衝撃でした。ここで音がどうのと書いても仕方ないことです。アキシオムが偶々合っただけかもしれません。宣伝と思われたくないのですが、これは試してみる価値があると思います。最近は玉アンプ屋さんが隆盛で、マニアの間には一人で何台も所有している人が居るようです。これが不要になるかどうかは別として、特に過去の私のような真空管アンプ信者の方々には、だまされたと思って、ご自分の部屋のスピーカーに繋いで聴いてみて損は無いと思います。買う必要はありません。エルサウンドさんで貸し出ししていますから。もし気に入れば、真空管アンプを売ってお小遣いが出来て、地球温暖化問題にも貢献できるかもしれませんよ?。




posted by Wシュナボス at 16:13 | Comment(9) | TrackBack(0) | オーディオ エコノミークラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

GOODMANS AXIOM80 その6

アキシオム80が我が家に来てから半年余りとはいっても身辺慌しく、せいぜい月に数回しか聴く時間がとれませんでした。手持ちの300Bシングル、デジタルアンプなどつないで楽しんでいます。

どんな音か文章で表現するのは難しい。特にアキシオム80のような個性的なSPは、例えばこのSPに似ていると言い難いのです。同じ英国のビンテージタンノイと違うしBBCモニター系とも異なります。最近のハイエンドシステムとは勿論似ても似つきません。

非常に大雑把で異論もあるでしょうが、一般にビンテージタンノイはホーンによる魅惑的な中高域と箱鳴りを巧みに行かした音作り。あえて言えば我が家のアキシオムはこれから箱鳴りを取って中低域をスリムにして、高域に透明感を際立たせた音というところでしょうか。箱が大きいわりにはサウンドステージがクリアに聞こえます。とはいえBBCLS3/5aと直接比較すると音場に関する情報は劣ります。

フルレンジのためネットワークが無く、能率も高いので立ち上がりの反応が良く過渡特性も有利であるからか、音楽の躍動感と実在感は優れていると思います。高域のダブルコーンはひずみだらけのはずなのに、ありえないほど透明感を感じるのはマジカルとしか思えません。

少し視点を変えて表現するなら、例えば極上のワインを飲んだり、最高の料理を味わった時(私はめったにありません)、五感が刺激され言葉に出せないほどの幸福感や満足感が湧き出します。アキシオム80でバロックや小編成の弦楽曲を聞いたときの感じはこれに近いです。原音に忠実とかではなく、生きてこんな魅力的な音and音楽を聴けてよかったと言うか。陶酔感というか。麻薬的な音と表現されることに納得です。

贔屓目にいいことばかり書いてしまいました。これは個人的感想ということでご容赦願います。欠点もあげればきりがありません。なんだかんだ言っても個性的表現をするスピーカーなので、この音が鼻につくという方も少なからずおられるでしょう。あまりにデリケートな造りで安心して大音量に出来ない。低音のパンチが無い。大編成曲の重厚な響きは苦手。ポップスは合わない。メンテナンスの不安などなど。

けれど現在のどのスピーカーとも似ていない構造、音楽表現はオンリーワンの存在と言うしかありません。絶滅寸前の動物を飼っているようで大事にせねばと思います。この個性的なスピーカーがいずれ忘れ去られてしまうのは惜しい。何とか復刻できないものでしょうか。
posted by Wシュナボス at 15:22 | Comment(3) | TrackBack(0) | オーディオ エコノミークラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

東京も七夕

P1000631.JPG

最近よく所用で東京に行きます。先日久しぶりに霞ヶ関ビルに立ち寄ると「霞ヶ関ビル40周年」の看板をみつけました。あれから40年にもなるとは。36階日本初の超高層ビルというニュースを見て興奮したのをはっきりと覚えています。小学校へ上がる前でしたからよほどインパクトがあったのでしょう。夢のある時代でした。
夢の続きかどうかはともかく、霞ヶ関ビルの1階に七夕かざりがあり、短冊に自分の願い事を書けるようになっていました。待ち合わせの時間をつかって小生も書きました。「宝くじ当選で借金完済」夢の無いことです。

先日悲劇の起こった秋葉原にも立ち寄りました。警官が目立つくらいで普段と変わらないのでしょうか。平日の秋葉原駅周辺はビジネス街になって、昔の面影はありません。久しぶりにヒノさんで小物を買い、懐かしい店員さんから情報収集。アキシオム80のメンテはお任せくださいということで少し安心。ちょうど鳴っていたスピーカーがものすごい良い音で聞きほれてしまいました。

DE500 ME45 12NW76 2WAY
オールネオジウムマグネット構成の高音質2WAYシステムです。B&Cのウーファーやドライバーは既存のユニットの欠点を考慮して作られている印象があります。ドライバーとホーンの組み合わせを実測してみるとかなり平坦な特性を持っている事と20kHzを再生できる能力をもっている事に驚かされます。無駄な部分が一切なく実用的で良いドライバーです。エレクトロボイスND6に近い音質を持っています。ウーファーの再生帯域も広く中域までしっかりと再生します。アメリカ系ブランドとは一線を画すヨーロッパ系サウンドの代表格と言えそうです。現在スピーカークラフト店で試聴ができます。完成品2本で55万円也。

だそうです。必聴です。





posted by Wシュナボス at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ エコノミークラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

GOODMANS AXIOM80 その5

前回、アキシオム80の指定箱について書きました。恐らく世に出ている箱の大半はこの指定箱の図面を忠実に再現したものです。例外的には横浜のユートピアさんが独自のアプローチでaxiom80専用箱を販売されているようです。

アキシオムのエンクロージャーについて調べるうちに、はたと思い当たりました。いわゆる純正グッドマンズ社製axiom80スピーカーは有るのか?スピーカーは箱に入れてこそです。ユニットは部品にすぎません。グッドマンズ社のスピーカーはこれだというのが有って然るべきではないかと。

例えばVLZやオートグラフ、GRF等のビンテージタンノイ。タンノイ社純正箱入りと他社が造ったレプリカ箱入りとの間には雲泥の価値の差があります。当時のタンノイ社の本当の音はオリジナル純正箱でないと出ないと言うマニアも世界中で多く居ます。

でも不思議なことにグッドマンズ製純正箱入りアキシオム80というのは見当たらないのです。無論、限られた資料や情報しかありませんし、周りにビンテージスピーカーに詳しい人など誰もいないので見落としている可能性はあります。とは言えこの趣味を持って数十年の記憶を辿っても、このアキシオムはグッドマンズ社製箱入りだから、値段は倍で妙なる音色です、などというのを見たことも聞いたこともない。復刻版発売の時もメーカーから売り出されたのはユニットだけでした。

今と違ってビンテージタンノイやアキシオム80の時代はユニットを買って箱は自作したり家具屋さんにオーダーしたりというのがマニアの主流だったと聞きます。特に日本はまだ貧しくキャビネットごと英国製高級スピーカーを買えた人はごくわずかだったでしょう。ひょっとして現地やヨーロッパではあったのかもしれない。どなたか事の真相をご存知ではないでしょうか。
posted by Wシュナボス at 17:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | オーディオ エコノミークラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

グッドマン アキシオム80 その4

以前のブログの写真を見ていただくとおわかりのように、拙宅のアキシオム80はARU(アコースティック レジスタンス ユニット)付、メーカー指定箱入りです。メーカー指定箱には私ののような、片チャンネルにつきユニット1個使いのものから、2個、4個使いのものまであります。

メーカの指定箱に関して面白いと思ったのは、必ずしも形は図面どおりでなくてもよい。容積は10%までなら増減してもよい。素材も合板だが、これより硬くてもよい。ARUも必ずしも前面に取り付けなくてよい、ただしユニットからは一定距離離すこと。などと、柔軟に書かれていることです。吸音材は前面に隙間なくといった細かい指示もあって、おおざっぱさと、繊細さが同居しているのか、つまりはポイントを抑えた実質本位の指定箱に対する考え方ということでしょうか。英国流の合理主義の一端を見る思いです。

メーカー推奨箱の図面を見ると箱の後ろが斜めになっていて何故かなと思っていたのですが、どうも壁のコーナー置きを想定しているようです。タンノイなどもモノラル使いの頃はコーナー置きのデザインが多くありました。スペースファクターと低音や響きの増強を狙ったものでしょう。時代からしてステレオがまだ普及していないころですから納得です。Axiom80はややハイよりバランスだなと感じていたのですが、本来はコーナー置きでバランスを取っていたのかもしれません。

拙宅のはメーカの図面通りに忠実に作られているようです。表示が無いのでどこのメーカが製作したかわかりません。80年代のオーディオブームの頃はエンクロージャーを作っていた会社が日本国内にはごまんと在りましたから、どれかということでしょうか。輸入品の可能性も無いわけでもないですが、そこまで有り難味の有る雰囲気でもないし。といったところでしょうか。変な箱鳴りもなく、カチッとしたつくりで気に入っています。

アキシオムのエンクロージャーについてはもう少し書いてみたいこともあるのですが、また次の機会にさせていただきます。

アキシオム80に関するオリジナルのインストラクションパンフのようなもののPDFをネット上に見つけましたので英語版ですが下にリンクしておきます。
http://www.tubebbs.com/thread-8518-1-7.html
posted by Wシュナボス at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ エコノミークラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

goodmans axiom80 その3

私のアキシオム80は84年ごろ限定品として発売された復刻版です。復刻版といえどもグッドマンズ製。もちろんmade in Englandです。70年代に製造中止となった正規品との見分け方はマグネットお尻部分の表示で、復刻版はHAVANT HANTSとありますが、正規品はWEMBLEY MIDDXと書かれています。HAVANTというのはイギリス南部海沿いの町の名前です。ポーツマスに近いところです。HANTSというのはHAMPSHIRE(ハンプシャー)の略した言い方のようです。つまりハンプシャー地方のハヴァントという町で製造されたものということでしょう。同じようにして正規品はミドルエセックスという地方のウェンブリーという町で製造されたということで、これはロンドンの近くです。

正規品との物性上の違いは、岡山のオーディオショップの是枝さんのサイトを見るとコーン紙とフレームの材質が違うそうで、厳しい是枝氏は復刻品をあまり評価していないようです。音はそれほど差が無いよ、といううれしいサイトもありますが、本当のところは正確に比較しないとわかりません。個人的には以前聞いた正規品とよく似た音だという印象が強いです。鳴らし方次第でどちらがどうとは言えないのではと、あまりに魅力的な復刻品に接して贔屓目に思うわけですが、市場の評価はシビアで、正規品の値段は倍ほどしています。骨董的価値、希少価値というのもあると思いますが、これは日本だけということでもないようで、最近見たe-bayでは古い正規品がペアで40万円ほどで落札されていました。
posted by Wシュナボス at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ エコノミークラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

goodmans axiom 80 その2

ひきつづきグッドマンズ アキシオム80について。正式な資料というわけではないけれど昔のステサン(ステレオ サウンド誌)やインターネットで調べると、このスピーカーユニットは50年代末か60年代初め頃から売られていたらしいです。ちなみに、もう10年ほど買っていないステサン。昭和の時代にはそれなりに買ってはいたものの引越しの邪魔になって捨てられてしまったステサンも多く、今手元にあるのは数冊。こういう昔の調べものがしたいときは捨てずに置いとけばといつも思いますね。68年(昭和43年)の紹介記事には、価格が26500円とあります。おそらく1個の値段でステレオペアで5万円強でしょう。当時としてはかなりの値段でしょうか。勿論キャビネットが必要だから同じ金額をかけたとして10万円。石油ショックや狂乱物価の前の時代、今の貨幣価値にすると数十万円?なかなかの高級品だったと想像されます。

私の持っている復刻版は定価98000円/unit。84年の価格で68年と比較すると4倍弱。そんなもんですね。

今、製造して売るとしたらいくらでしょうか。誰か是非復活させてもらいたいです(出来れば純粋英国製で)、マグネットも貴重だし人件費も上がっているし一個20万円くらい?キャビネットに入れて60万円は軽く越えるというところ。私には手が届きません。中古で安く手に入ったことを喜びます。


posted by Wシュナボス at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ エコノミークラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

グッドマンズ アキシオム80 goodmans Axiom 80

P1000505.JPG

上の写真はグッドマンズ アキシオム80、メーカー指定箱入りです。ユニットは84年に再発売された復刻品です。縁あって我が家に収まりました。古くからのオーディオファイルには懐かしいスピーカーではないでしょうか。20年以上前から非常に気になる存在のSPでした。なにせ「このスピーカーを所有するものは人生を誤る」とか「麻薬的なスピーカー」とか、おだやかでない枕詞で語られる存在でしたから。

オリジナルの発売以降約50年、復刻版が発売されてからも20年以上経過し、今となってはネット上でさえこのスピーカーに関する情報は限られていますが、今後機会があれば出来るだけこのスピーカーについてお知らせできればと思います。
posted by Wシュナボス at 22:41 | Comment(3) | TrackBack(0) | オーディオ エコノミークラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

Denon PMA-CX3 続報

この連休は久しぶりに何のトラブル無くゆっくり音楽を聴けた。多分何年ぶりくらいに長時間聴いたのではないかな。出かけるのが嫌になるほど本当にCDやラジオやLPを聴くのが楽しかった。こんなことは生まれて初めてコンポーネントステレオを買った三十年前と、オートグラフが来た時くらい。

PMA-CX3についてそのパフォーマンスをどのように伝えるか。オーディオマニアからすれば対象外のミニコンのパーツでしかないこの製品について何と表現するか。

メーカーの宣伝でもないから陳腐な美辞麗句は並べたくない。とどのつまりは、デジタルアンプが表現する音楽が自分の嗜好にあまりに激しく合致したということ。あら捜しを出来なくもないが、この安値、品質、デザイン、使いやすさ、電力消費の少なさに何の不満があるわけなく、手持ちのアンプを皆売り払ってしまいそう。この趣味もこのへんでおしまいか。これが本当の究極のオーディオエコノミークラス。

でもデジタルアンプもいろいろ有りそうだし、こんなに反応が早く何の苦も無くリニアにパワーが出るならネットワークの無い小型フルレンジSPも試してみたい。芸術に終わり無し。
posted by Wシュナボス at 21:56 | Comment(3) | TrackBack(0) | オーディオ エコノミークラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

地震に備えて:スピーカー転倒防止

小型ブックシェルフをスタンドにセッティングする場合、インシュレーターがよく使用されます。ゴム、樹脂系、金属、コルク、木製、クリスタル製まであるようです。音をチューニングするのに欠かせないアイテムです。けれど、接着しているわけではないので、ちょっとした地震、子供やペットの悪戯。酔っ払って当たってしまったときなど簡単に落ちてしまって、キャビネットを傷つけたり、最悪故障させてしまったりしないんでしょうか。そのあたりがあまり対策されていないのが不思議でなりません。私の場合、音が悪くなるのは覚悟のうえで、スピーカーの4隅のうち後ろの二箇所だけ、家具転倒防止用の両面接着ゴムを下に敷いています。本当は4隅とも置くのが良いんでしょうが、ふらふらする気がして前は固めのインシュにしています。大地震には耐えられそうもないので、これは諦めるとして、震度5弱くらいなら何とか持ちこたえるのではと期待してます。
ちなみに海外のls3/5aの掲示板や雑誌などを見ると、ちょっとしたミスでスピーカーが転倒しないように、スパイクで刺したり、底面が傷つくのが嫌なひとは、ブルタック(本来オフィスで紙などを壁に貼り付けておくべたべたの粘性物質。日本に有りますか?見たことないけれど)
でひっつけたりしています。地震の無いイギリスでさえここまで注意しているのに、日本でこのあたりに無頓着なのはなぜなんでしょう雨
posted by Wシュナボス at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ エコノミークラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。