spacer.giftop2009.jpg
***WELCOME***

2007年10月06日

地震に備えて:スピーカー転倒防止

小型ブックシェルフをスタンドにセッティングする場合、インシュレーターがよく使用されます。ゴム、樹脂系、金属、コルク、木製、クリスタル製まであるようです。音をチューニングするのに欠かせないアイテムです。けれど、接着しているわけではないので、ちょっとした地震、子供やペットの悪戯。酔っ払って当たってしまったときなど簡単に落ちてしまって、キャビネットを傷つけたり、最悪故障させてしまったりしないんでしょうか。そのあたりがあまり対策されていないのが不思議でなりません。私の場合、音が悪くなるのは覚悟のうえで、スピーカーの4隅のうち後ろの二箇所だけ、家具転倒防止用の両面接着ゴムを下に敷いています。本当は4隅とも置くのが良いんでしょうが、ふらふらする気がして前は固めのインシュにしています。大地震には耐えられそうもないので、これは諦めるとして、震度5弱くらいなら何とか持ちこたえるのではと期待してます。
ちなみに海外のls3/5aの掲示板や雑誌などを見ると、ちょっとしたミスでスピーカーが転倒しないように、スパイクで刺したり、底面が傷つくのが嫌なひとは、ブルタック(本来オフィスで紙などを壁に貼り付けておくべたべたの粘性物質。日本に有りますか?見たことないけれど)
でひっつけたりしています。地震の無いイギリスでさえここまで注意しているのに、日本でこのあたりに無頓着なのはなぜなんでしょう雨
posted by Wシュナボス at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ エコノミークラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59248242

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。