spacer.giftop2009.jpg
***WELCOME***

2008年06月14日

GOODMANS AXIOM80 その5

前回、アキシオム80の指定箱について書きました。恐らく世に出ている箱の大半はこの指定箱の図面を忠実に再現したものです。例外的には横浜のユートピアさんが独自のアプローチでaxiom80専用箱を販売されているようです。

アキシオムのエンクロージャーについて調べるうちに、はたと思い当たりました。いわゆる純正グッドマンズ社製axiom80スピーカーは有るのか?スピーカーは箱に入れてこそです。ユニットは部品にすぎません。グッドマンズ社のスピーカーはこれだというのが有って然るべきではないかと。

例えばVLZやオートグラフ、GRF等のビンテージタンノイ。タンノイ社純正箱入りと他社が造ったレプリカ箱入りとの間には雲泥の価値の差があります。当時のタンノイ社の本当の音はオリジナル純正箱でないと出ないと言うマニアも世界中で多く居ます。

でも不思議なことにグッドマンズ製純正箱入りアキシオム80というのは見当たらないのです。無論、限られた資料や情報しかありませんし、周りにビンテージスピーカーに詳しい人など誰もいないので見落としている可能性はあります。とは言えこの趣味を持って数十年の記憶を辿っても、このアキシオムはグッドマンズ社製箱入りだから、値段は倍で妙なる音色です、などというのを見たことも聞いたこともない。復刻版発売の時もメーカーから売り出されたのはユニットだけでした。

今と違ってビンテージタンノイやアキシオム80の時代はユニットを買って箱は自作したり家具屋さんにオーダーしたりというのがマニアの主流だったと聞きます。特に日本はまだ貧しくキャビネットごと英国製高級スピーカーを買えた人はごくわずかだったでしょう。ひょっとして現地やヨーロッパではあったのかもしれない。どなたか事の真相をご存知ではないでしょうか。
posted by Wシュナボス at 17:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | オーディオ エコノミークラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Goodman Axiom80 純正箱入り2本持っています。
Goodman のロゴがはいっています。
Posted by Tamiji Konishi at 2010年06月13日 23:17
Tamiji Konishiさま

コメントありがとうございました。ブログ放置状態で、長くレスできずに申し訳ございませんでした。

純正箱をお持ちとのこと。きっと日々すばらしい音楽を楽しんでおられることでしょう。末永く大事にされてください。
Posted by クッキー&オレオパパ at 2010年07月25日 08:42
貴重な情報をありがとうございました。私は真空管マニアで、上杉先生や斉藤先生が使用していることで存在を知っていました。たまたま友人の親戚がなくなって、女性だけの遺族から役に立つならと、いただいてきたものです。ご本人は松涛の豪邸にお住まいの英国人でワーナーブラザースの日本支社長をなさった方だそうです。昭和60年くらいのことです。多分イギリスから送らせたのでしょう。私としてはいろいろいただいた中で、WE46AMPのOPT(16オーム)2個の方が価値がありますが、、、、
はっきり言って鳴らすのは難しいです。アキュフェーズではまったくだめで、まず真空管、特に
RCA45がもっとも美しい音を出すとおもいます。しかし曲をえらびます。そこをなんとかするには一生かかるような。
Posted by Tamiji Konishi at 2010年07月28日 01:47
Tamiji Konishi さま

たいへん興味深い情報ありがとうございます。松濤にお住まいのVIPの方が所有されていたものとは、たいへん貴重でまず滅多に日本では入手できないですね。よい真空管アンプでドライブしたアキシオムは本当にこの世のものとは思えないような音を出すときがありますね。WEのoptを使ったらと想像するだけで鳥肌が立ちそうです。
Posted by クッキー&オレオパパ at 2010年07月29日 09:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100506227

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。